Sound=Cinema #006「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー」

ザ・キング・オブ・ロック、忌野清志郎。
彼の音楽生活の中でもひときわ異彩を放った伝説のライブ“ナニワ・サリバン・ショー”が、スクリーンに蘇る!

“ナニワ・サリバン・ショー” は、2001年、2004年、2006年と3度にわ たり大阪城ホールで行われた、忌野清志郎と愉快な仲間たちが繰り広げる 超一級のライブ・エンタテインメントだった。 清志郎急逝後の2011年に、大阪を愛し、音楽を愛し、そして忌野清志郎 を愛する多数のアーティストが「4回目やっちゃうかい?」とばかりに結集。 貴重なライブシーンを駆使しながら、ほかに類を見ないミュージックムー ビーとして新たに生まれた、映像版“ナニワ・サリバン・ショー” をライブ 同様の迫力のサウンドシステムでお届けする高知限定上映会!

[出演]
忌野清志郎、石田長生、内田勘太郎、木村充揮、宮藤官九郎、斉藤和義、清水ミチコ 竹中直人、Chara、トータス松本、仲井戸麗市、中村獅童、間寛平、間慎太郎、ハナレグミ HIS(細野晴臣・忌野清志郎・坂本冬美 )、藤井裕、布袋寅泰、松たか子、矢野顕子 山崎まさよし、ゆず、Leyona ほか

[スタッフ]
監督:鈴木剛(チェリーズ) 脚本:金森直哉 構成:住田ひろ志 製作総指揮:木下直哉 プロデューサー:武部由実子 企画 ・プロデュース:岩尾知明 ・相澤自由里 ・黒木彰一

2011年 カラー114分(BD上映)
c 2011「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~」製作委員会


日時:2019年2月28日(木) ①13:00 ②16:00 ③19:00 (開場は上映の30分前)
会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール
料金:上映回指定 前売り1,500円(当日1,800円)
前売り券販売所:高新プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/県立美術館ミュージアムショップ
主催:Sound=Cinema(090-6488-8401吉田)/シネマ四国(088-855-9481)/高知市文化プラザ共同企業体(088-883-5011)

Sound=Cinema #005「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ☆アディオス」

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」から18年。
グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた彼らの「アディオス(さよなら)」世界ツアーの模様を、ライブ同様、迫力のサウンドシステムでお届けします。

さらに今回は人気コンサートシリーズ「World Music Night」とのコラボレーション企画として、13:00と16:00の開場時間に、実力派ラテンバンドAzucarによる、ウエルカム演奏を行います。
この他全上映回とも会場ロビーにて、World Music Nightに関連したフード&ドリンクブースも出店!!

監督:ルーシー・ウォーカー
出演:オマーラ・ポルトゥオンド、マヌエル・“エル・グアヒーロ”・ミラバール、バルバリート・トーレス、エリアデス・オチョア、イブライム・フェレール
2017年/イギリス/カラー/110分/DCP


日時:2018年12月8日(土) ①13:00 ②16:00 ③19:00 (開場は上映の30分前)
会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール
料金:上映回指定 前売り1,500円(当日1,800円)
前売り券販売所:高新プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/DUKE SHOP高知/県立美術館ミュージアムショップ
主催:Sound=Cinema(090-6488-8401吉田)/シネマ四国(088-855-9481)/高知市文化プラザ共同企業体(088-883-5011)

Sound=Cinema #004 THE BAND / THE LAST WALTZ

ライヴ同様の最高のサウンドシステムで、極上の音楽映画を上映する「Sound=Cinema」の第4回上映は、マーティン・スコセッシが監督した伝説のライブ・ドキュメンタリー『ラストワルツ』公開40周年を記念して、デジタル・リマスターの鮮やかな映像、迫力のサウンドによる上映をお届けします。

1976年11月25日、伝説のライブ会場となったのはサンフランシスコのウィンターランド。ザ・バンドがバックバンドをつとめたこともあるボブ・ディランをはじめ、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、マディ・ウォーターズ等、音楽史に大きな足跡を残した偉大なミュージシャンたちが次々と現れ、ザ・バンドと競演。二度と実現不可能な、一夜限りの贅沢で華麗なロック・フェスティバルがスクリーンに甦る。
製作はバンドの中心人物、ロビー・ロバートソンで、スコセッシ作品の音楽センスに惚れ込んで監督を依頼。スコセッシは『タクシー・ドライバー』の名手マイケル・チャップマンを中心に、ラズロ・コヴァックス、ヴィルモス・ジグモンド等、7人の撮影監督を巻き込むことで、臨場感あふれるステージの映像化に成功している。舞台美術と照明は『ウエストサイド物語』でオスカー受賞の大ベテラン、ボリス・レヴェンが担当。超一流のスタッフが揃うことで、ハイクオリティが実現し、時代を超えて語り継がれる“永遠の傑作”が誕生した。

監督:マーティン・スコセッシ 製作:ロビー・ロバートソン
出演:ザ・バンド、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ニール・ダイヤモンド、リンゴ・スター、ロン・ウッド、ドクター・ジョン、ポール・バターフィールド、ロニー・ホーキンス、マディ・ウォーターズ他
1978年/アメリカ/カラー/117分/DCP

日時:2018年10月10日(水) ①13:00 ②16:00 ③19:00 (開場は上映の30分前)
会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール
料金:上映回指定 前売り1,500円(当日1,800円)
前売り券販売所:高新プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/DUKE SHOP高知/県立美術館ミュージアムショップ
主催:Sound=Cinema(090-6488-8401吉田)/シネマ四国(088-855-9481)/高知市文化プラザ共同企業体(088-883-5011)
協力:MayerSound

Sound=Cinema #003 フィッシュマンズ「THE LONG SEASON REVIEW」

今も多くの人の心に鳴り響くフィッシュマンズの孤高の音楽を、ライブ同様、迫力のサウンドシステムでお届けする高知限定上映会!

1987年のバンド結成以降、レゲエやパンクをルーツにした初期のスタイルからどんどん進化していった独自の音楽性で、90年代を駆け抜けた孤高のバンド、フィッシュマンズ。1999年にヴォーカルでありメインソングライターであった佐藤伸治が急逝するも、彼らが残した音楽は未だ多くのミュージシャンやクリエイター、新世代リスナーまで、世代を超えて熱い愛を集めつづけている。そして2005年にリーダーである茂木欣一が、ボブ・ディランの1975年のツアーにインスパイアされライヴを企画。メンバーが出会ってきた多数のヴォーカリストを迎えた奇跡のリユニオンツアー、FISHMANS presents “THE LONG SEASON REVUE”が実現。そこで鳴り響いたフィッシュマンズの音楽は、どこまでも観客を圧倒し、大きな感動を生んだ。本作はそのツアー映像を中心に、過去の未発表映像や、その音楽にインスパイアされた人々によるコントリビューションを融合させた、まったく新しい形のロックムーヴィーである。
監督は、フィッシュマンズの映像を長く撮り続け、もはやメンバーの一人と言っても過言ではない、川村ケンスケ。
サザンオールスターズなど、多数の音楽PVを撮影してきた彼だが、映画監督としては2000年に公開された「記憶の音楽-Gb-」以来のメガホンとなる。音楽は彼らの共同プロデュース/エンジニアを努めてきたZAKが全面監修! リユニオンツアー「THE LONG SEASON REVUE」でのライヴパフォーマンスを劇場用にリミックス。それを最高のサウンドシステムで上映することで、彼らが築き上げてきたハイブリッドな音像世界が鮮やかに蘇る。

出演:フィッシュマンズ
佐藤伸治、茂木欣一、柏原譲

HONZI、関口“Darts”道生、木暮晋也、沖祐市、山崎まさよし、UA、ハナレグミ(永積タカシ)、原田郁子(from クラムボン)、蔡忠浩(from bonobos)、pocopen(from さかな)、Pod(from moderndog)、キセル、ASA-CHANG、竹中直人、小田島等、ウィスット・ポンニミット、よしもとよしとも、谷中敦、大森南朋、オーノキヨフミ 他

監督:川村ケンスケ  音楽監修:ZAK
2006/日本/カラー/117分

日時:2018年7月20日(金) ①13:00 ②16:00 ③19:00 (開場は上映の30分前)
会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール
料金:上映回指定 前売り1,500円(当日1,800円)
前売り券販売所:高新プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/DUKE SHOP高知/県立美術館ミュージアムショップ
主催:Sound=Cinema(090-6488-8401吉田)/シネマ四国(088-855-9481)/高知市文化プラザ共同企業体(088-883-5011)
協力:MayerSound

Sound=Cinema #002 ミッシェルガンエレファント“THEE MOVIE”-LAST HEAVEN 031011-

ライヴ同様の最高のサウンドシステムで、極上の音楽映画を上映する「Sound=Cinema」の第2回上映は、日本のロックに金字塔を打ち立てたthee michelle gun elephantのドキュメンタリー「“THEE MOVIE”-LAST HEAVEN 031011-」。
2003年の解散ライブの映像を中心に、90年から00年代のロックシーンを爆走した彼らの軌跡をたどります。

日時:2018年3月29日(木) ①13:00 ②16:00 ③19:00 (開場は上映の30分前)
会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール
料金:上映回指定 前売り1,500円(当日1,800円)
前売り券販売所:高新プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/DUKE SHOP高知/県立美術館ミュージアムショップ
主催:Sound=Cinema(090-6488-8401吉田)/シネマ四国(088-855-9481)/高知市文化プラザ共同企業体(088-883-5011)
協力:MayerSound

Sound=Cinema #001 oasis:supersonic

ライヴ同様の最高のサウンドシステムで、極上の音楽映画を上映する「Sound=Cinema」の記念すべき第1回は、oasisの結成からネブワースのライブまでを追ったドキュメンタリー「oasis:supersonic」を上映。

デビューからわずか3年で頂点に躍り出たoasisの軌跡を、メンバーインタビューと数々の名曲で描きます。

また上映の各1時間前(13:00/18:00)より開場し、シバヤスヒロ(軒先レコード)によるDJプレイ開催!
アジア食堂歩屋をはじめ、飲食ブースの出店もお楽しみください!

oasis:supersonic 特設サイト

日時:2017年4月28日(金) ①14:00 ②19:00
会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール
料金:上映回指定 前売り1,500円(当日1,800円)
前売り券販売所:高新プレイガイド/高知市文化プラザミュージアムショップ/DUKE SHOP高知/アジア食堂歩屋/スローハンドモジョ
主催:Sound=Cinema(090-6488-8401吉田)/シネマ四国(088-855-9481)/高知市文化プラザ共同企業体(088-883-5011)
協力:MayerSound